メディア掲載まとめ『「小商い」で自由にくらす』

Pocket

『「小商い」で自由にくらす』のメディア掲載情報です。

【Amazon.jp「社会と文化」「経済学」の2部門で1位獲得!】
新聞、ラジオなどメディアで取り上げられました。

■TOKYO FM「TimeLine」(2017.6.16)
「近年の商いの流れを具体的でわかりやすく書いた本書は、これから何か商いを始めたいと考えている人達への指南書として最適な良好書に違いない。」
http://www.tfm.co.jp/timeline/index.php?catid=1485&itemid=124204

■雑誌「ソトコト」(2017.7月号)
「小商いにまつわる事象分析も興味深い。移住後、自分がやりたいことを仕事にするためのヒントに」

■千葉日報(2017.5.30)
「‟小商いで本当に食べていけるのか”。売上や初期投資額、生活費まで切り込み、記された数字が説得力となっている」
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/411725

■全国商工新聞(2017.5.22)
「地域の材料を使ったものづくりをはじめ、なければ家も自分でつくる究極の自己表現」

■雑誌「BE-PAL」(2017.6月号)
「行間から滲み出る(小商いを行う人たちの)志の高さは、真の‟リア充”を求めるあなたの背中を、そっと押してくれるかもしれない」

■雑誌「TURNS」(2017.6月号)
「地方の生活に憧れている人はもちろん、ものづくりが好きな人、自由な働き方をしてみたい人、地域活性化に興味がある人など、幅広い人に読んでもらいたい」

■bayFM78「LOVE OUR BAY」(2017.5.15~5.18)※ゲスト出演
「小商いとは表現。表現にまっすぐ取り組むことが商いになり暮らしになるというのは夢があります」

■FMおだわら「印南敦史のキキミミ図書館」(2017.4.16)
「今週の一冊」としてご紹介
http://urx.blue/CYqg

■webマガジンLifehacker(2017.3.31)
「行動する前から諦めるのではなく、「いまの自分にできることはなんなのか?」と自問するところから可能性が生まれるであろうこともまた事実。本書は、そんなことに改めて気づかせてくれる1冊」

http://www.lifehacker.jp/2017/03/170331_book_to_read.html

■朝日新聞全国版朝刊「ひもとく移住」(2017.3.26)
「店すら持たず、マーケット出店で生計を立てる人々の収入や売上に触れていて興味深い」

http://www.asahi.com/articles/DA3S12860635.html

■bayFM78「Aqualine stories」(2017.3.26)※ゲスト出演
「都会で店舗を持つのはスタートするのが大変ですが、この地域ならそういう夢に近づきやすい環境が。DIYライフを叶えた方の実践エピソードなども載っている」
http://ur0.biz/CPZY

■webマガジンgreenz.jp(2017.3.25)
「一番印象に残っているのは、‟東京では考えもしなかった夢が、地方では叶えられる”という言葉。ここに、地方×小商いの可能性がすべて詰まっているように感じました」

「地方で好きなことをして食べていく」は夢物語じゃない。『「小商い」で自由にくらす』を出版した磯木淳寛さんに聞く、房総いすみ地域に住む人たちの自由な働き方
http://greenz.jp/2017/03/25/books-koakinai/

■webマガジン箱庭(2017.2.14)
「‟なんて楽しそうな人たちが、なんて楽しそうなことをしているんだろう!いきなり大きなことをしようと思わなくてもいい。小さなできる範囲のことから始めればいいんだ!”と勇気をもらえる。好きな「ものづくり」を仕事にしたい人にたくさんのヒントが詰まった本」

http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2017/02/koakinaidejiyuunikurasu/

***************

定価:1512円(税込)
ISBNコード:978-4-8022-0300-5
サイズ:A5判
ページ数:186

こちらもおすすめ: