中学生による地域メディア「房総すごい人図鑑」始動!

Pocket

昨年の晩夏から、いすみ市岬中学校で、先生や仲間たちと一緒に地域メディアづくりの授業を始めました。
テーマは「人と仕事」で、生徒88人が地域の大人たちをインタビューして、地域の人物図鑑を制作するというものです。

やっていることは、インタビューの事前準備として生徒自ら主体的に「問い」を作りまとめていくことと、インタビュー相手の仕事や活動テーマから、それに対する「謎」を自由な思考で広げてみること。
目的には、生徒が‟働く大人の真剣な思いや夢、働くことの楽しさ”に触れること。地域と繋がること。考える筋肉と主体性を育むこと。同時に、地域を発信することです。(もりだくさん!欲張り!)

http://boso-sugoihito.net/

また、『房総すごい人図鑑』というネーミングには、「すごい人は遠くにばかりではなく、自分の住む地域にもたくさんいる」ということを知ってほしいという思いを込めました。(これは、「小商いで自由にくらす」で思いを深めました)

メディアづくりって、テーマ、取材相手、取材する人、編集方針など、無限の組み合わせがあるわけですが、地方の物語を編むライター・イン・レジデンス『Local Write』でも「誰に何をどのように書くのか」の手前の「誰が書くのか」を大切にしてきたように、まずインタビューする人とインタビューを受ける人をどう繋げて、どう発信するのか。誰になにを聞くのか。地域メディアの在り方としてもっともインパクトがあるやり方はどんなものか。メディアを使って地域そのものを豊かにするにはどんなやり方があるか。生徒の学びに繋がる取材相手は誰か?。
などなど、ただのメディアづくり、ただの情報発信にならずに、「生徒の学び」と「地域内の繋がり作り」と「地域の情報発信」を循環させて最大限の豊かさをそこから生み出すには?ということを考えて、そのひとつの答えとして作ったつもりです。(目的が盛りだくさんなのは、これらを全部くっつけているからです)

…そんな裏側のあれこれはともかく、「LOCALWRITE」で参加者から学ばせてもらっているのと同様、生徒たちからもたくさんのことを学ばせてもらっています。ていうかただただシンプルにものすごく楽しい。
そんな、集中力よりも瞬発力な生徒たちの書いた原稿はこれからアップされていきますが(現在奮闘中)、まずは、授業風景のレポートを読んで頂けますのでぜひ!
http://boso-sugoihito.net/

そして地元の皆様、どうぞ温か~い目で見守ってください!
—————–
先生方、仲間たち、取材させて頂いた皆様、たくさんのご協力で成り立っています。

授業サポート/ロゴデザイン:シミキョウ 清水京子 (Kyoko Shimizu)
ライティング(授業レポート)/撮影/授業サポート:椎葉 康祐 (Kosuke Shiiba)
授業サポート:Aiko Shigeno Tanaka
動画制作/撮影/授業サポート:Yuki Takanami
授業サポート/動画制作サポート/バックヤード: 西田 彩夏 (Ayaka nishida)
授業サポート: たん たん

こちらもおすすめ: